Q&A

Q1. 初回面接を行なったら、相談を継続するように強く勧められることはありますか?

 相談の継続に関しては相談者さまのご判断を第一にいたします。私たちから強制するようなことはいたしません。気になることは何でもご質問いただき、その上で相談を継続するかご検討ください。初回面接時に、相談を継続するか判断することが難しい場合は、一旦判断を保留し、後日連絡をいただいても構いません。

Q2. 担当セラピストと合わなかった場合、セラピストは変更できますか?

 実際のところ、セラピストと相談者には相性があります。そのためJFPSP心理相談室ではセラピストの交代を承っています。もし交代を希望される場合は、担当セラピストにご遠慮なくおっしゃってください。ただし、場合によって、担当者の交代を希望されることになった経緯をセラピストと話し合うことが、心理療法の進展につながることがあります。

Q3. 良くなるには、どのくらいの期間がかかりますか?

 残念ながらはっきりしたことは申し上げられません。それぞれの心理療法の目的によって心理療法の期間は異なります。3ヶ月ほどで調子が良くなり心理療法を終えられる方もいらっしゃれば、数年単位で心理療法を継続される方もいらっしゃいます。ただし、精神分析的立場からの心理療法は、抑うつや不安のような症状の軽減だけでなく、より良い生き方や自分らしさの模索のためにも有意義だと考えています。症状が落ち着いた後にも、心理療法を継続される相談者さまは多くいらっしゃいます。

Q4. 料金はどのくらいかかりますか?

 初回面接は一律10,000円です。ただし2回目以降は、担当セラピストによって3,000円から15,000円と異なります。経験豊富なセラピストほど料金は高額になりますが、全てのセラピストは一定以上の資格と経験を有しています。お支払い可能な料金に応じて担当者をご紹介いたしますので、初回面接時にご相談ください。

Q5. 担当を希望するセラピストがいる場合はどうすればいいですか?

 ご希望のセラピストがいらっしゃる場合は、ご相談のお申し込み時、もしくは初回面接時にお伝えください。ただし、様々な都合によりご希望に添うことが難しい場合もございますので、ご承知おきください。

Q6. 私自身、心理療法の専門家ですが、スーパーヴィジョンや、心理療法(個人分析、訓練分析)を受けることはできますか?

 是非、当相談室をご利用ください。お申し込み方法や料金は一般の相談と同じ設定です。お申し込みの際に、スーパーヴィジョン、もしくは個人分析のお申し込みであることをお伝えください。私たちは、専門家が心理療法を経験することは、その専門性を高める上で有意義だと考えています。

 なお、2019年3月末まで、ワンポント・スーパーヴィジョン・プログラムを実施しています。こちらもぜひご利用ください。