お申し込み・お問い合わせ

相談のお申込み、お問合せは、以下のリンク先にあるフォームをご利用ください。フォームの送信は、相談の受理/契約を意味しません。まずはお気軽にお問い合わせください。条件が合わない場合はお断り頂いてかまいません。

Psychotherapy Center of JFPSP

English Page印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |,likebtn,,{"twitter":true,"facebook":true,"mixi":false,"google":false,"mixikey":""} 一般社団法人が管理・運営する相談室は、神戸市三宮駅より徒歩10分にあります。保険診療に頼らない自費による心理相談室で、心にまつわる様々なご相談をお引き受けしています。  相談員は全員臨床心理士・公認心理師資格を所持しており、自己心理学を中心とした精神分析的な心理療法を提供致します。  1回45分間、完全予約制で行う私たちの心理相談室まで、お気軽にお問い合わせください。 一般社団法人日本精神分析的自己心理学協会(JFPSP)が運営する心理相談室では、精神分析的な心理療法を提供しています。精神分析にはいくつかの流派がありますが、私たちの相談室が主に提供しているのは、自己心理学と呼ばれるものです。心にまつわる悩みをじっくり考え、自分らしい解決の道を見つけていく場として、この相談室をご利用ください。  日本語を母国語としない方への英語による心理相談にも対応しています。また心理療法の専門家を対象とした精神分析的なスーパービジョンおよび訓練分析にも対応しています。 私たちの相談室では、自己心理学と呼ばれる考え方を元にした精神分析的な心理療法を中心に提供しています。心にまつわる問題の原因に、普段意識することのできない過去の体験などが強く影響していることを想定するのが精神分析に共通する考え方です。自己心理学では、問題を抱えておられる方の体験を尊重し、担当者との間で問題を理解していく作業を重ねていきます。対話を通す中で、無理を抱えながらも何とか保ってきた心のバランスを振り返り、より安定した状態を目指していきます。富樫公一(臨床心理士・公認心理師・甲南大学教授・栄橋心理相談室・ニューヨークTRISP自己心理学研究所) 国際自己心理学会の顧問も務める富樫公一が当相談室の顧問を務めています。 対人関係にまつわる悩み、抑うつ、不安、心身の悩み、人生や生き方について、性同一性や性の志向性にまつわる悩み、心の傷になっていること、日頃繰り返し考えていることについての相談、異文化適応問題、思春期や発達上の問題、対人関係の中で同じ問題を何度も繰り返してしまうことにつ

JFPSP